矯正治療をする

矯正治療をするときには矯正計画どおりに矯正が行われるように注意深く生活をする必要があります。歯の矯正は矯正装置をしっかりつけていることで出来ます。歯科医師の指示を守らず矯正装置を長期間取り外してしまうと、それだけ矯正終了までの期間が伸びることに繋がります。また、矯正しているときに虫歯になってしまうと虫歯治療が優先されます。そのため、矯正中は虫歯にならないように歯磨きを入念にすることが大切です。食事を食べたあとは、矯正装置の細かい隙間まで丁寧にブラッシングをする習慣をつけることです。甘いものを食べたあとは特に念入りにブラッシングをすることをが大事です。また、歯科クリニックへ通院するペースを守ることも大切です。

最近は他の人にばれないで出来る目立たない矯正装置が多くなってきています。矯正歯科というとギラギラしたブランケットやワイヤー類の金属を歯の表面につけて行うイメージがありますが、今は金属をつけなくても問題なく矯正ができる矯正歯科が確立されています。マウスピースをつけて歯を動かして行くノンワイヤー矯正は、目立たない矯正治療として社会人に人気があります。医療用の極薄の透明なプラスチックを装着するので、ちょっとしゃべっただけではほとんど相手に分からないようになっています。マウスピースは自由に取り外すことができるため、ブラッシングをするのも楽です。金属ではないため、金属アレルギーを持っている人にも最適です。